みんなの生命保険アドバイザー

【2020年 教育改革】2020年の英語教育カリキュラム開始に伴い、2018年から小学校で英語学習が本格的に始まっております!

学習指導要領が見直され、2020年から小学校・中学校での英語教育が大きく変わることになりました。

そのための移行措置として、2018年から段階的に英語活動および英語科目が導入されています。

おおまかに以下の4点が大きく変わります。

2020年 教育改革。小学3年生から英語教育がスタート

2020年からは小学3年生で英語教育が始まります。

これは現在すでに小学校5年生で行われている「外国語活動」という体験型学習を小学3年生からスタートするということです。

教科ではないので成績などはつきませんが、アルファベットを書いたり、身近な色や動物の鳴き声などを英語で体験してみたりという体験型学習です。

子どもが「英語は楽しい!」と感じて積極的になってくれるための大切な時期ですね。

実際には、2018年から段階的にこのような英語教育を開始している小学校もあり、2020年にはすべての小学校での必修化が予定されています。

2020年には、小学3,4年生で年間35コマの英語活動が義務化しますが、これに先立ち、移行措置として2018年からは年間15コマの英語活動が導入されアルファベットや外国語のリズムに慣れるための時間になります。

小学5・6年生から教科として「英語」がスタート(成績がつくようになります)

小学校中学年での外国語活動を経て、5年生からは「国語」「算数」と同じように「英語」が教科として時間割に加わります。

週に3回ほど授業が組まれると予定されており、当然ながら成績も付くということになります。

2020年に向けての指導要領によると、小学校卒業時点で600語から700語程度の英語を身に着けることを目標としています。

小学校高学年といえば覚える漢字も増える頃、これに英単語が加わるというと結構なボリュームですね。

さらに、現在中学校で学習している内容を小学校のうちに学んでしまおうという内容に変わっています。

2020年には小学5,6年生で年間70コマの英語の授業が義務化しますが、これに先立ち、移行措置として2018年からは年間50コマの授業に増やし、外国語の簡単な読み書きや会話を学ぶ授業が始まります。

中学の英語は基本的に、すべて英語で行われるようになります

新しい英語教育によって小学校卒業時に最低限の単語を身に着けたうえで、中学校ではより対話的な授業がオールイングリッシュで行われるようになります。

「聞く」「読む」「書く」に加え「話す(対話)」「話す(発表)」能力を育てるために、ニュース記事について自分の意見を話したり、仲間の意見を聞く、などの授業が導入されます。

オールイングリッシュというとついていけるのか不安ですね。

小さなころから自分の考えを英語で発表する訓練が必要です。

「聞く」「話す」「読む」「書く」の4技能を重視で評価

このような英語教育の改革によって高校での学習内容や大学入試にも変化が起こります。

大学入試では今までの「読む」「書く」に偏った試験から「話す」「聞く」を加えた「4技能のバランス」が重視されることが予想されます。

子どもの可能性を広げるために

ますます進むグローバル化。

もはや「英語は話せて当たり前」という時代になってきました。

これからは、英語でのコミュニケーションでの「質」が問われる時代です。

本物の国際感覚、感動を与える英語、ディベート能力、プレゼンテーション能力…。

そのために、親としてできることを自分の子供にしてあげませんか?

全国1300教室、9万人の子どもたちが楽しく通う英会話教室「ペッピーキッズクラブ」



子供専門オンライン英会話「リップルキッズパーク」



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Welcome to my blog!
close
みんなの生命保険アドバイザー