観音寺市立常磐小学校の評判

観音寺市立常磐小学校ってどんな小学校?

観音寺市立常磐小学校に通学されているご子息を持つ親御さんに、アンケート形式で聞いてみました。

ですから、観音寺市立常磐小学校についての生の声です。

少しでもお役にたてれば、幸いです。

観音寺市立常磐小学校の基本情報

住所:〒768-0012 香川県観音寺市植田町365

TEL:0875-25-2988

ホームページ:観音寺市立常磐小学校

観音寺市立常磐小学校では「はなまる頑張りノート」で苦手な科目を克服します。

(2019年11月09日 、sibattiさん)

観音寺市立常磐小学校は観音寺市ではマンモス校と言える学校で、一学年60名程度の児童が在籍しています。

常盤小学校の最大の特徴は「はなまる頑張りノート」です。

こちらは通常の宿題以外に児童が苦手な科目を一日一ページ自主学習するというノートで、常盤小学校の伝統となっています。

毎日の提出が伝統となっており、確実に勉強の習慣が身に付きます。

児童の雰囲気ですが、勤勉で決まりをよく守ります。

先生達の雰囲気は基本的にはアットホームな感じです。

いじめなどの兆候があれば、すぐに児童に厳しく指導します。

部活動も盛んに行われており、特に合唱部は四国大会出場の常連となっています。

香川県の中でも二番目に古い学校で、建物はその歴史を感じる事ができます。

平和学習にも力を入れており、六年生の遠足では広島にある平和公園や原爆資料館に行くこともあります。

修学旅行では京都奈良方面に行き、歴史を学ぶことが多いです。

五年生では屋島ある自然の家に行き、自然の大切さを学ぶ学習を行います。

夜にはバーベキューなども行われており、児童には大人気のプログラムです。

生徒会活動も活発に行われており、朝の挨拶運動なども生徒会や生徒会担当の教師が毎朝行なっています。

観音寺市立常磐小学校の学区はどうなっていますか?

学区は決められています。

観音寺市立常磐小学校のセキュリティはどうなっていますか?

大手警備会社であるセコムのセキュリティシステムが導入されているので、セキュリティ面は安心と言えます。

観音寺市立常磐小学校の冷暖房はどうなっていますか?

冷暖房は完備されています。

校舎は新しいですか?
いいえ、古いです。

校舎は耐震工事がされていますか?
はい、耐震工事がされています。

トイレはきれいですか
はい、きれいです。

校庭は広いですか?
はい、広いです。

プールはありますか?
はい、あります。

観音寺市立常磐小学校に学校給食はありますか?

学校給食は観音寺市給食センターが配達しています。

給食費は月に8000円程度です。

児童には大人気の給食です。

観音寺市立常磐小学校に放課後の学童保育はありますか?

道を挟んで反対側に学童保育はあります。

費用は月に5000円で、8月は10000円になります。

大人気の学童保育です。

観音寺市立常磐小学校で集団登校は実施されていますか?

毎朝と毎週水曜日の下校時には集団登校が実施されています。

また危ない場所には保護者やイエロー隊が交通整理をしています。

観音寺市立常磐小学校で学級崩壊しているクラスがあるなどの噂を聞いたことはありますか?

学級崩壊をしているという噂はないです。

教師がきちんと児童に指導しており、児童もよく話を聞いているので大丈夫です。

【小中学生の不登校反抗期対策】親子で笑顔になる思春期の子育て法

観音寺市立常磐小学校の学力レベルについて教えて下さい。

学力レベルは比較的高い方です。

ついて行けない場合には教師がきちんと補習を行うので、心配する必要はないです。

観音寺市立常磐小学校として取り組んでいるボランティア活動や地域活動などはありますか?

地域の掃除活動などを生徒会を中心に行なっています。

運動会はありますか?
はい、あります。

学芸会はありますか?
はい、あります。

授業参観はありますか?
はい、あります。

課外活動(クラブ)はありますか?
はい、あります。

観音寺市立常磐小学校のPTA活動について教えて下さい。

PTA主催のバレーボール大会などが行われています。

役員は立候補者が行う場合が、ほとんどとなっています。

観音寺市立常磐小学校は、どんな地域にありますか?

古くから住んでいる高齢者が多いです。

基本的には保守的な地域です。

転勤族は少ないです。

治安はかなり良いです。

1クラスは何人ですか?
30名

1学年に何クラスありますか?
2クラス

観音寺市立常磐小学校のいじめへの取り組み姿勢について、どのように感じていますか?

いじめに対してはかなり厳しく指導しますし、保護者にもすぐに連絡がいきます。

場合によっては保護者も指導します。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Welcome to my blog!
close